オージヤ商事株式会社
〒675-1372 兵庫県小野市本町21-2
TEL:0794-63-1281 FAX:0794-63-5065
  




Vol.139 2012.7.9

このメールは、オージヤ商事と文具創庫にご縁のあった方々へお送りしているメールマガジンです。新製品の案内やちょっと役に立つ情報などを厳選して、お届けしております。

このメールに関するご意見・お問合せ及び変更・停止につきましては、巻末をご覧ください。


暑い夏の必需品!
サンワサプライ 『 USB扇風機 』

節電対策のためとはいえ、暑い暑いオフィスでは仕事の効率も半減です。サンワサプライの『USB扇風機』で、体感温度を下げ快適に過ごしませんか?

  USB横型扇風機

サンワサプライ
品番 USB-TOY69BK(ブラック)
USB-TOY69W(ホワイト)
価格 ¥4,179(税込)
特長

●タテ置きもでも、ヨコ置きでも使える2WAY使用。
●側面のスイッチで電源のON・OFFや風量調整、首振りの操作が可能!
●パソコンのUSBポートを電源として利用できます。
●クロスフローファン使用で、強い風を噴出します。


  USB磁石付き扇風機

サンワサプライ
品番 USB-TOY71BK(ブラック)
USB-TOY71W(ホワイト)
価格 ¥2,917(税込)
特長

●強力マグネット内蔵でスチール面に好きな角度で固定できます。
●強・弱の2段階での風量調整が可能です。

●2000回転のハイパワーで、強力に送風できます。
●パソコンの冷却にも最適!


暑い夏の省エネ・節電対策にもおすすめのUSB扇風機です!


詳しくは、メーカーホームページへ
↓↓↓↓↓↓















節電対策のために、照明をLED電球に換えると効果的であることは、もうみなさまご承知の通りだと思います。
しかし、LED電球に換えたものの今までよりも暗く感じる…そのような話も聞かれます。
今回は、
知っておきたいLED電球選びのポイントをご紹介します!


●明るさについて
光源、ランプから放射される光の量は、全光束と言われるルーメン値(lm)で表わされています。ルーメン値が大きいほど明るいということになります。商品パッケージにも記載されていますので、購入の際はワット数だけでなくルーメン値をしっかり確認してください。メーカーによって、同じワット数表記でもルーメン値に違いがあるので要注意です!

[ 明るさの目安 ]
一般電球タイプ E26口金
一般白熱電球
ワット(W)相当
20W
相当
40W
相当
60W
相当
100W
相当
150W
相当
200W
相当
ルーメン値(lm) 170lm
以上
485lm
以上
810lm
以上
1520lm
以上
2400lm
以上
3330lm
以上

小型電球タイプ E17口金
小型電球
ワット(W)相当
25W
相当
30W
相当
40W
相当
50W
相当
60W
相当
75W
相当
100W
相当
ルーメン値(lm) 230lm
以上
440lm
以上
600lm
以上
760lm
以上
760lm
以上
1000lm
以上
1430lm
以上


●光の広がり方(配光)
光がどの方向に出ているか、その光の広がりを配光といいます。
白熱電球は電球の周囲が全体的に明るくなりますが、基本的にLED電球は光の照射角度が狭く、真下だけが光ります。そのため選択を誤ると「天井が暗い」「部屋の隅が暗い」「肝心な場所を照らさない」など、明るさが足りないという事も起こりえます。


光り方が改良された「全方向タイプ」「光が広がるタイプ」等、白熱電球のように全方向を明るく照らすタイプもあるので、よく確認して選んでください。



●光色
LED電球では通常、一般白熱電球相当の光色である「電球色」と、白い色味の「昼白色」が用意されています。用途や好みに合わせて選んでください。


* * * * * * * * * * * * * * * * * 

一般的なオフィスでは、9時から17時の時間帯において高い消費電力が続きます。空調が約48%、照明が24%、OA機器(パソコン、コピー機等)が16%。これらを合わせると、全体の約90%近くを占めます。

  

梅雨があけると、それはもう暑〜い夏の始まりです。
関西電力圏内では計画停電の心配もあり、使用していない機器の電源をOFFにしたり、エアコンの設定温度を28度にするなどの対策は取られていることと思いますが、LED電球は発熱量が低いので、エアコンの節電にもつながります。
照明機器を見直してもっと効率良い節電対策を!!



≪前回の記事へ 次の記事へ≫

このメール内容に関するご意見、お問合せ及びアドレス変更・
停止につきましては、こちらまでご連絡をお願いします →→→





オージヤ商事株式会社
Copyright(c) 2000 OHJIYA CO.,LTD ALL right reserved.