このメールは、オージヤ商事と文具創庫にご縁のあった方々へお送りしているメールマガジンです。新製品の案内やちょっと役に立つ情報などを厳選して、お届けしております。

このメールに関するご意見・お問合せ及び変更・停止につきましては、巻末をご覧ください。
2008.5.26 Vol.43


災害対策は企業の義務!
コクヨ 『 レスキューキャビネット 』
中国四川省の地震発生から2週間。日本でも近い間に必ず大規模な地震が起こると言われています。地震はいつどで起こるか分かりません。勤務時間中に大地震が起こった場合、保管庫が倒れてきたりドアが開かなくなったり、企業でもあらゆる事態を想定した対策が必要です!
オフィスフロア用非常備蓄セット
レスキューキャビネット
セット内容

平バラシバール・テコバール・両口ハンマー・
救急用品・スタンドライト×2・ヘルメット×2・
多機能ラジオライト・ヘッドライト×2・
救助ロープ・革手袋2組・保護メガネ×2・
ホイッスル×2・防塵マスク×2・油圧ジャッキ
扉を一度開けると、閉めることができません。扉を閉めるには専用のカギが必要です。万一悪戯などで中身を取り出され、非常時に必要なものがない!という状況を未然に防ぐ機能です。
コクヨ レスキューキャビネット
品    番  DRK-RC10CG
価格(本体価格)  ¥246,750(¥235,000)
外 寸 法  W565.1×D285.74×H1414.9
質    量  30kg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
社員の安全・事業の早期復旧のためにも、各フロアに備えるのが重要です。社内のどこに防災用品が置いてあるかを周知徹底し、あらゆることを想定した災害対策をすることは、もはや企業の義務です!
もっと詳しくは、メーカーホームページへGo!!
↓↓↓↓↓↓




地頭力を鍛える 〜問題解決に活かす「フェルミ推定」〜

「地頭力(じあたまりょく)」というものをご存じでしょうか。
最近、ビジネスの世界で流行している言葉で、簡単に言うと「知識がなくても自分の頭だけで誰もが納得する回答を導き出す力」です。「フェルミ推定」と言ったりもします。
インターネットで何でも検索ができる現在、ゼロから考えることの重要性がかつてないほどに高まっています。

地頭力が注目されるようになったのは、マイクロソフトが出した「富士山を移動するにはどうすればいいか?」という問題ですっかり有名になりました。
例えば、まず富士山を高さ4000メートル半径16000メートルと見積もって、体積は1兆立方メートルと計算。一台のトラックで搬出出来る土砂は36立方メートルと仮定。よってトラックの移動回数は300億回。パワーショベルとトラックを300億回使って動かす…というのが一つの正解です。
もちろん正解は一つではありません。あなたならどうやって移動させますか?

他に、『日本では1年間に鍋はいくつ売れるか?』 という問題。
「そんなの知るか!」「ネットで調べろ!」なんて言わずに、地頭力をフルに使って答えを出してください。
ある人は、一生のうちで男女の鍋を買う比率を考え平均寿命や日本の人口などから4500万個と計算しました。

これらの回答にはユーモアが求められるのではなく、多少強引でも論理的に概算し説得力のある回答を導き出さなければなりません。地頭力は、新たな発想を生み出す力になり、またいろんな問題解決の場面にも活かされます。
あなたも、地頭力を鍛えて新しい力を発揮しませんか?




↑↑↑  ↑↑↑
<<<オージヤ商事梶@ホームページ >>>


       
それでは、今回はこの辺で!


  ■このメール内容に関するご意見、お問合せ及びアドレス変更・停止に
    つきましては、e-mail arc1@ohjiya.co.jp までご連絡をお願いします。




              オ ー ジ ヤ 商 事 株 式 会 社
            兵庫県小野市本町21−2 〒675-1372
            TEL:0794-63-1281 FAX:0794-63-5065